kyu-log

暮らしに関わる「食品・水質・腸内細菌」,新型コロナウイルスetc...検査のご紹介等

ノロウイルス検査につきまして

今月9月も、もう後半に差し掛かっています。朝夕は涼しさを感じられ、だいぶ秋めいてきましたね🍂

九州保健ラボラトリーのある鹿児島県は、暑さが引いてきたかと思うと、秋を感じる間もなく急に肌寒くなります。

今年もあっという間に寒くなってくるのでしょうね・・・皆さまも、急激な寒暖差にはご注意ください!

 

気温が低くなるこれからの季節、特に注意が必要な食中毒があります。ノロウイルスです。

 

ノロウイルスは、主に冬場に流行する感染性胃腸炎です。少量のウイルスでも発症し、感染力がとても強いことから、集団食中毒が起きる危険があります。そのため、特に冬場は定期的な検査を行うのが安心です。

 

厚生労働省が定める『大量調理施設衛生管理マニュアル』には

①10~3月は月に1回以上、又は必要に応じてノロウイルスの検便に努めること

②その検査は遺伝子型によらず、概ね便1g当たり10の5乗オーダーのノロウイルスを検出できる検査法を用いることが望ましい

と記されています。

 

※「概ね便1g当たり10の5乗オーダーのノロウイルスを検出できる」とはどういうこと?↓

http://kyuho.co.jp/news/files2020/Topics_kyuho_2002.pdf

 

 

この時期になると、ノロウイルス検査のお問い合わせをいただくことが多くなってきますので、九州保健ラボラトリーで行っている3種類の検査方法についてご紹介させていただきます!

 

 

 

f:id:kyu-h0:20210908174223p:plain

1.RT-PCR

【特徴】 

弊社で受託している検査のなかで一番高感度。少量のウイルスでも検出できる

☆大量調理施設衛生管理マニュアル対応

 

【結果が出るまでの日数】

基本的に

・[至急の際]午前中にお持込or到着or回収→当日夕方頃判定・ご報告

・[定期検査分]午後お持込or到着or回収→翌日お昼過ぎ判定・ご報告

※状況によっては結果が出るまでにお時間をいただくことがあります。

 

【料金】

標準価格:¥10,000(税別) 

 

【こんな方にオススメ】

☆至急で検査結果が知りたい方

ノロウイルス検査で陽性になった方の再検査

 

f:id:kyu-h0:20210908174334p:plain

 

2.BLEIA法 

【特徴】

RT-PCR法に匹敵する高感度ながらも、比較的安価に検査ができる

☆大量調理施設衛生管理マニュアル対応

 

【結果が出るまでの日数】

基本的に

回収or到着日の翌日、お昼過ぎ判定・ご報告

 

【料金】

標準価格:¥4,000(税別)

 

【こんな方にオススメ】

☆定期的な検査をしたい方

☆感度の高さと価格のバランスをとりたい方

f:id:kyu-h0:20210908174341p:plain

 

 

3.イムノクロマト法

【特徴】

 感度は低いが、安価で検査ができる

 

【報告までの日数】

・[至急の際]午前中にお持込or到着or回収→当日夕方頃判定・ご報告

・[定期検査分]午後お持込or到着or回収→翌日午前中判定・ご報告

【料金】

標準価格:¥3,000(税別)

 

【こんな方にオススメ】

☆定期的な検査をしたい方

☆安価で検査を受けたい方

f:id:kyu-h0:20210908174352p:plain

 

 

 

以上3種類が九州保健ラボラトリーで受託できるノロウイルス検査法

です。

弊社としては、高感度でお手頃な価格のBLEIA法をオススメしております。

また、お打ち合わせの上、定期的な出検・検査人数によってはお値引きもさせていただきますので、検査をご希望の際はお問合せください。

 

10~3月の間は毎月検査を希望されるお客様も多くいらっしゃいます。食の安全のため、ぜひ毎月の腸内細菌検査と併せての検査をご検討ください!

 

 

↓お問合せはこちらから↓

お問い合わせフォーム

 

 

f:id:kyu-h0:20201011223107p:plain

 

 

郵便局の「土曜配達廃止」に関しまして

皆さまも、報道などでご存じかとは思いますが、

2021年10月2日より、郵便局の土曜の普通郵便物の配達が無くなります。

www.post.japanpost.jp

九州保健ラボラトリーでは、土曜日は少人数の当番制にて対応しており、

ご到着分の受入・保管などは出来ておりました。

ですが、今後は

速達・レターパック・各社宅急便のみが土曜日到着となります。

(土曜検査ご希望の際は、基本的に至急検査のご依頼を前もっていただいている

 分になります)

 

また、到着までの日数も、現行+1日程度かかるようになるとのこと。

f:id:kyu-h0:20210908112815p:plain

郵便局の案内より抜粋

 

来月からは、上記の内容を踏まえまして、ご郵送の準備をお願いいたします。

 

お魚に潜むモノ・・・。

皆さんこんにちは。

今回は営業担当のFがお届けします。

皆さんは腸炎ビブリオをご存じでしょうか。

少しハーフっぽい名前でありますが、ハーフではありません。

海水中や海泥中にお魚などに付着している細菌です。

ちなみに、私は、九州の新鮮なお魚の刺身が大好きです!

 

今回は「腸炎ビブリオ」を紹介します。

 

1)菌の特徴

 ・好塩菌の一種で、水温が15℃以上になると活発に活動

 ・海水温度が高くなる5月から増加し、8~9月の夏場が特に増加

 ※冬場でも潜んでいるかもしれません

 

2)潜伏期間

 ・8時間~24時間(短い場合2~3時間)

 

3)症状

 ・激しい腹痛や下痢、発熱、はき気、おう吐など

 

4)予防ポイント

 ・真水(流水)でよく洗い流す

 ・魚介類の調理に使った器具もよく洗い、消毒する

 ・冷蔵庫で保存(できれば4℃以下)

 ・加熱をしっかりと行って食べる(75℃1分間)

 

ちなみに、焼き魚も大好きです!

もう一つヒスタミンを紹介します。

皆さんは「ヒスタミン」をご存じでしょうか。

少し外国人っぽい名前ではありますが、外国人ではありません。

ヒスタミンが多く蓄積された食品、特に魚類やその加工品を食べることに

よって発症するアレルギー性の食中毒です。

 

1)食中毒の症状

 ・顔面、特に口の周りや耳たぶが赤くなったり、じんましんや腹痛、おう吐、

  下痢などの症状

 ※重症の場合、呼吸困難や意識不明になることもあります

 

2)ヒスチジンというアミノ酸が多く含まれる赤身魚とその加工品がほとんど

 

3)一度ヒスタミンができると、煮ても焼いても減りません

 

4)予防ポイント

 ・生の赤身魚は常温で放置しない

 ・冷蔵でも長期間で保存すると、増える可能性があるので早めに食べる

 ・加工品も低温(冷蔵)で保存

 ・凍結と解凍の繰り返しをしない

 ・食べた時、舌のしびれ(ビリビリ)を感じたら食べない

 

大好きなお魚でも、上記のような症状等が出た時は、必ず早めに病院へ受診しましょう。

 

まだまだ暑い日が続きますし、想像以上の局地的大雨やコロナウイルスの感染拡大など気が休まらない日も続きますが、ご自宅にいる時などおいしいお魚や鶏肉を食べながら、一杯の楽しみで、この逆境を乗り越えていきましょう。

 

食品検査のお問い合せやご依頼の際は、下記の方まで ↓

お問い合わせフォーム

 

 

 

鶏肉に潜むモノ・・・。

 

 

皆さん暑い中毎日お疲れ様です。

 

この時期は様々な細菌やウイルスが原因で、食中毒患者が多くなってきます。

皆さんはカンピロバクターをご存じでしょうか。

名前からして恐ろしそうですよね。(キャンピロバクタ―≒カンピロバクター)

私は唐揚げが大好物なのですが、その原材料の生の鶏肉からよく検出されます。

 

今回はそんな「カンピロバクター」についてご紹介します。

 

カンピロバクター

f:id:kyu-h0:20210807160217j:plain

 

1)酸素要求性

 備好気性(大気中では徐々に死滅する)

2)発育温度

 31~46℃

3)低温耐性

 冷蔵庫内で1週間以上生存                                        

4)乾燥に弱い

5)凍結に弱い

6)加熱に弱い

 75℃1分の加熱で死滅する

7)少量で感染

 100個程度で感染

8)鶏肉で高率に分布(牛肉・豚肉10% 鶏肉20~50%)

 

4,5,6をみていくとなんだか弱そうな細菌ですが、7をみてみると名前の通り

恐ろしいモノに感じませんか・・・。

 

感染した場合は個人差もありますが、腹痛・下痢・嘔吐などの症状がでるようなので

そういった症状が出た場合は速やかに病院受診をおすすめします。

 

ここまでご説明させていただきましたが、温度管理をしっかりすれば安心です!

皆さんも楽しい鶏肉ライフを過ごして参りましょう。

私も週1回はモリモリバクバク食べています。

 

何度もお伝えしておりますが、当社では様々な食品検査を行っております。

「今回の説明よりも詳しく知りたい」・「他の検査項目はどんなものがあるのか?」

などなど、ご質問ありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

九州保健ラボラトリーの担当者が、迅速かつ丁寧に対応をさせていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなことを全力で!ここが私のアナザースカイ!

 

梅雨が開けて夏本番ですね。

 

昨日は体が溶けるほど暑かったのでアイスを3つも食べましたf:id:kyu-h0:20210719174805p:plain

 みなさんもそういうことありませんかf:id:kyu-h0:20210719181714p:plain

 

私は今年の春から九州保健ラボラトリーに新卒者として入社し、日々業務に励んでおります。

今回は“私がなぜ弊社に魅力を感じたのか”について話していきたいと思います。

 

私は温泉がとても好きで、学生の頃から友人と色々な温泉に行き、リフレッシュしていました。

f:id:kyu-h0:20210719173026p:plain

 

そんな中、ある日ふと目についたのが弊社の「検査済証明書」でした。

f:id:kyu-h0:20210719180456p:plain



 

就職活動中の私は以前求人票を見たことがあり、名前は知っている程度で何をしている会社かまではイマイチ分かりませんでした。

 

ですが、検査済証明書を見て運命を感じ、好きである温泉の事も、そして会社の事も

もっと知りたいf:id:kyu-h0:20210719175704p:plainf:id:kyu-h0:20210719175704p:plainと感じました。

 

今では九州保健ラボラトリーの一員として、温泉はもちろんのこと色んな施設に出向き、水質検査を中心に様々な検査の受託業務を行っております。

f:id:kyu-h0:20210719173054p:plain

 

kyuho.co.jp

 

私は様々な場所でお客様に寄り添った検査のサポートを行い、鹿児島県を中心に食と水の安心・安全な検査の向上を目指していきたいです。

 

みなさんも温泉に行く機会があれば

温泉成分表などを見てみると新しい発見があるかもしれませんよ!f:id:kyu-h0:20210719180726p:plain

 

お問い合わせフォームはこちらからf:id:kyu-h0:20210719183014p:plain

 

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

〇〇に潜む(かもしれない)菌


大変わたくしごとではございますが。

 

先日、「昨日のカレー」を昼食にしようと

会社に持参いたしました。

f:id:kyu-h0:20210701192942j:plain

冷房の部屋にいたため、いつものお弁当と同じように常温で保管してしまい…。

昼になり、

電子レンジでやや熱めに加熱し、

あっつあつのカレーを口にしたところ…

なんだかいつもよりまろやか…。

そして、

なんだかこう、すっと糸が…ひ……く……?

 

味に変化はなく(多分)、 大丈夫だろうと判断&これがないとご飯がない!

と食べちゃいました。

が!

検査を受託する九州保健ラボラトリーの一員としては、

これ、

駄目だったときは?

何の菌が考えられる?と調べてみました。

 

出てきた菌は…

ウェルシュ菌

東京都福祉保険局から参照させていただくと

 

どんな食品に多いか?

肉類、魚介類、野菜を使用した煮込み料理が多い。

 発生原因施設は、他の食中毒と同様に飲食店、仕出し屋、旅館、学校などの集団給食施設による事例が多く、カレー、シチュー、スープ、麺つゆなどのように、食べる日の前日に大量に加熱調理され、大きな器のまま室温で放冷されていた事例が多く見られます。

 『加熱済食品は安心』という考えがウエルシュ菌による食中毒の発生原因となっています。逆に、家庭での発生は他に比べて少ないことが特徴的です。

 

 

…まさにカレーこれに該当ですね…。

 

ちなみに

症状は

潜伏時間:約6~18時間(平均10時間)

腹痛、下痢が主で、特に下腹部がはることが多く、症状としては軽い

 

とのこと。

 

私は特にこのような症状も出ず、大丈夫でした…。

いやしかし、食の安全・安心をご提供する会社の一員としては、油断したなと

大変反省しました。

 

食中毒予防できていますか? - kyu-log

でもお伝えしたとおり、梅雨は高温多湿。

加熱調理した食品に関しましても、

なるべく早めに食べる

保存する際には温度に注意する

…気をつけてまいりましょう!

 

もちろん、ウェルシュ菌以外にも原因は考えられます。

九州保健ラボラトリーでは、ウェルシュ菌を含め、食品の安心・安全のための検査承ります!

【新型コロナウイルス抗体定量検査】受託開始のお知らせ

 毎日のように、新型コロナウイルスのワクチン接種の話題で持ちきりですね。

自治体によっては、一般の方の接種を受け入れ始めているところもあるかと思います。

皆さまの中にも、接種を終えて一安心されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 しかし、ワクチンの効果できちんと抗体ができているかどうかは体感では分かりにくいものです。

「本当に抗体ができているのだろうか・・・?」

と不安に思われる方もいらっしゃることでしょう。

 

そんな方におススメしたいのが、ワクチン接種後の抗体の有無を確認できる自主的参考検査、新型コロナウイルス抗体定量検査』です!!

 

f:id:kyu-h0:20210628174710p:plain

f:id:kyu-h0:20210628174744p:plain

検査をすることによって、ワクチン接種後の抗体の有無を可視化することができます。

 

🔶(団体様)集団免疫がついているか確認したい

🔶やむを得ず、感染リスクが高いところへ行かなければならないとき、抗体ができているか確認したい

🔶抗体ができていることを確認して安心したい・・・など

 

ご希望の方・興味を持たれた方は、是非お気軽にお問い合わせください!

↓ ↓ ↓ 

お問い合わせフォーム